periodontitis歯周病治療

歯がグラつく・歯ぐきから血が出る
日本人の多くが悩む歯周病

「歯茎が腫れて血が出る」「歯がグラグラする」といった症状に悩んではいませんか?

そのような症状を発症している場合、歯周病になってしまっている可能性があります。

歯周病は、成人が歯を失う最大の原因です。歯周病の罹患率は年齢に比例して増加し、40歳以上の中高年の約8 割がかかっているといわれています。

しかし、必ずしも年とともになる病気ではないのです。なぜなら、原因は細菌感染だからです。

早期発見出来れば、スケーリング(歯石除去)、プラークコントロール (歯垢除去)、除菌等の簡単な処置で治すことができる病気です。


Relationship歯周病と全身疾患の関係性

歯周病と全身疾患との間には深い繋がりがあることをご存知でしょうか?

実は、これまでの研究結果によって歯周病が与える全身への様々な影響が明らかになってきています。

歯周病は「サイレント・アーミー(沈黙の病気)」とも呼ばれ、初期の段階で自覚症状が出づらいため気づかない間に症状が進行し、全身疾患の引き金となっていることも多くあるのです。

これを防ぐためにも、普段から十分にお口のケアを行い歯周病の発生を未然に防ぐことが大切です。 歯周病は主に次の疾患と深い関係があることが分かってきています。


Low-weight babies 低体重児早産の危険性を高める

一般的に、女性は妊娠するとエストロゲンと呼ばれる女性ホルモンが体内で豊富に生成され、月経時の 10~30 倍近く分泌されるようになります。

エストロゲンは妊娠期には重要な役割を果たす女性ホルモンですが、同時に歯周病原細菌の増殖を促す働きや、歯肉を形成する細胞を侵食する作用もあると言われています。

この働きにより、妊娠すると歯肉炎になる人も多いとされていたのですが、近年の研究では妊娠中の女性が歯周病にかかっている場合、低体重児および早産の危険性も高まることが明らかになっているのです。

これは、口内の歯周病細菌が血管を通って体内を巡り、胎盤から胎児へと直接感染することが原因となっていることが考えられおり、早産のリスクは歯周病にかかっていない時と比べておよそ 7 倍近くにのぼることが分かっています。

そのため、妊娠中は特に気をつけてプラークコントロールを行い歯周病予防を行う必要があります。


Heart & cerebrovascular disease心臓・脳血管疾患のリスクを高める

歯周病は心筋梗塞や脳梗塞といった動脈疾患との関係性も明らかになっています。

心筋梗塞や脳梗塞は、血管が何らかの理由で塞がってしまうことで血液供給が無くなったり、血管が破裂することで死を招く危険のある病気です。

歯周病原因菌は、血液内で動脈硬化を誘導する物質の生成を促して血管の内側にプラーク(脂肪性沈着物)を発生させることで動脈疾患のリスクを高めるのです。


Aspiration pneumonia誤嚥性肺炎を引き起こす

誤嚥性(ごえんせい)肺炎とは、食べ物などの異物が誤って肺や器官に入ることで炎症を引き起こす症状です。

通常、肺や器官は咳をすることで異物が入らないように各々を守る機能がありますが、加齢などの原因でこれらの機能は徐々に衰えていき、お口の中の細菌が食べ物と一緒に肺の中へ入ってしまうことがあります。

そして、誤嚥性肺炎を引き起こす原因となる主な細菌は歯周病菌であることも明らかになっています。

ここまでで、歯周病は様々な全身疾患と深い関係にあることをお分かりいただけたかと思います。「全身の健康はお口から」という言葉があるように、これらのリスクを未然に防ぐためにも歯周病ケアを普段からしっかり行うことが大切ということですね。


Treatment当院での歯周病治療法

プラークコントール

プラークコントロールとは、口の中の病原性プラークを除去して清潔な口腔環境を整えることで歯周病を治療(予防)するもっとも一般的な方法です。

当院のプラークコントロールではまず、正しいブラッシング方法を指導させていただき、歯垢・歯石を取り除くためのお口のクリーニングを行います。

その後、取りきれなかった歯周ポケットの歯石を除去していきます。 歯周ポケットの奥深くに付着した歯石は、歯茎を切開して取り除くこともあります。

この時、歯茎にメスを入れる目的は主に次の3つです。

  • 深い歯周ポケット内部の清掃
  • 破壊された骨や歯肉の形の改善
  • 再発予防のための歯肉の改善

※歯周病の進行程度によって切開が必要かどうかを判断します。


スケーリング・ルートプレートニング

超音波の器具、または手用の器具を使用して、歯周ポケット内部の歯の表面に付着した歯垢・歯石を取り除き、 歯の表面を滑沢にします。


GTR(歯周組織再生誘導法)

歯周病が進行してしまっても諦めないで下さい。当院ではGTR法(歯周組織再生誘導法)によって、無くなった歯の周りの骨を回復させる治療を行っています。

また、重度の歯周病で歯を抜かなければならない場合はインプラントや自家歯牙移植(親知らずを移植)を行っています。

ACCESS