Orthodontic矯正歯科

清潔感あふれるスーパースマイルを手に入れてください。
Device

健康的できれいな歯並びの人と歯並びが悪い人とどちらが人に対して好印象を与えるでしょうか。

これは男女の違いはありません。整った歯並びは、その笑顔をぐっと魅力的に見せてくれます。

自分の歯を理想のポジションに動かしてすこやかに保つ矯正歯科治療で、清潔感あふれるスーパースマイルを手に入れてください。


What's Orthodontic矯正歯科とは?

歯並びが悪くて咬み合わせが正しくない状態を改善し、正常な咬合関係にする治療を矯正治療といいます。

この治療の目的は、食べ物を十分にかむようにする・歯磨きをきっちりとできるようにして、むし歯や歯周病にかからないようにする・歯並びの悪さを気にしないで健康的な笑いができる・さらに最近増えている顎関節症を予防することができるなどです。

まとめると、矯正治療には次のメリットがあります。

メリット1

八重歯や出っ歯、空きっ歯など、悪い歯並びを良好にすることでこれまでのコンプレックスを解消し、自分の笑顔に自信を持つことができます。

メリット2

歯並びが良好になれば歯を支える歯周組織が健康になり、虫歯や歯周病が進行しにくい良好な口内環境を作ることができます。

メリット3

顎関節と歯並びが調和することで身体全体のバランスが整い、悪い歯並びが原因となって引き起こされていた肩凝りや頭痛などの症状が改善される場合があります。

※上記の各メリットには個人差があります


Effect on the body 咬み合わせの悪さが与える体への影響とは?

鏡を見て歯をチェックしていると、ついつい前歯の歯並びや白さに目がいきます。
奥歯の歯並びや上下の歯の「咬み合わせ」などすべてが整っていてこそ健康といえる。
なかでも咬み合わせはとても重要で、
悪い状態のまま放置すると全身にいろいろなトラブルが起こることも。


むし歯

歯が歪んで生えていたり、デコボコしていると、歯ブラシが行き届かず歯垢がたまったり、結果としてむし歯をつくることになりやすい

歯周病

口臭がする、朝起きたときに口の中がネバネバする、虫歯じゃないのに冷たいものや熱いものが歯にしみる・・・・・といった症状がおきるのが歯周病。これも歯並びの悪い人は要注意!!

顎関節症(がくかんせつしょう)

両耳のすぐ前にある顎の病気。あごが鳴る、口が大きく開かない、あごが痛むといった症状は顎関節症(がくかんせつしょう)の三大症状です。

一般に原因と考えられているものは、噛み合わせに関しては、噛み合わせの不良(虫歯、歯がしみる、歯の動揺、違和感、破折、欠状欠損、不適切な歯科治療)、歯軋り、噛みしめ癖、偏側噛み、成長期の咀嚼不足による発育異常、奇形、外傷、リューマチなどです。

噛み合わせ以外の原因としては、腰痛、ぎっくり腰、運動不足、ストレス、姿勢の悪さ、頬杖、体調不良、読書パソコン編み物など下を長く見る環境、スポーツ時の噛みしめ(例えば球を打つ瞬間の噛みしめ)、足のけが、靴の不良などです。

若い女性に急増中と言われる顎関節症ですが、自然に治る軽症のものから、仕事はおろか日常生活さえままならない深刻な症状に苦しめられる重症の患者さんもいます。

その他:飲み込みづらさ、肩こり、頭痛など

悪い咬みあわせは体のトラブルメーカーです。


Orthodontic appliance当院で扱う矯正装置の種類

Device

セラミックブラケット

メタルブラケットと形状は同じですが、装置には色・質感ともに歯に近いセラミック素材が使用されています。 ただし、ワイヤーを使用するため全く気づかれないというわけではありません。

治療期間 ★★★★
見た目 ★★★
Device

マウスピース矯正

マウスピース矯正はブラケットのように固定する装置を使用せず、透明なマウスピース型の装置を使います。 マウスピースは取り外しが可能であり、装着していても周囲に気付かれることもほとんどありません。 ただし、お口の状態によっては適用できないこともあります。 治療が短期間で終了するメリットもあります。

治療期間 ★★
見た目 ★★★★
Device

部分矯正

1本~数本だけの歯並びを整えたいという方に最適な装置です。 短期間で治療が終了することもメリットの一つです。

治療期間 ★★★★★
見た目 ★★

Flow当院での矯正治療の流れ

STEP 1 カウンセリング・ご相談

はじめに現在の歯並びに関するお悩みやご要望をお伺い致します。その後、どのように歯科矯正治療が進められていくのか、どのような歯科矯正治療が行われるのかをゆっくりとご説明します。

STEP 2 資料採得

X 線写真、上下の歯型、顔面写真、口腔内写真撮影などを用いて診断や治療計画を立てる上で必要な資料を採得します。

STEP 3 診断

採得された資料をもとに患者様の現在のお口の状況、また今後の治療計画についてご説明致します。(実際に使用する装置の決定、目安の治療期間など)

STEP 4 歯科矯正治療(自動治療)

まだ永久歯列が完成されていない場合一般的には、下記の一期治療から二期治療へと治療が進められていきます。

ACCESS