CERAMIC美しい歯でより魅力的な口元に

追及し続けたまさいデンタルクリニックのセラミック治療

「せっかく歯の詰め物をするのなら、しっかりしたセラミック治療を受けたい!」
「本当に信頼できる歯医者さんってどこにあるのかしら?」

このようにお考えの方は、是非当院のセラミック治療をお受けすることをオススメ致します。セラミック治療とは、自然で美しく、身体への馴染みの良いセラミック素材を使用する治療法です。

 当院のセラミック治療は、「天然歯」(自分自身の歯)を目指して治療を行っております。単に天然歯と言っても、色・形・歯並び・バランスなど、全く同じ歯というものは一つもありません。

本当の意味で「美しい歯」というものは、いかに患者様ご自身の歯と遜色ないほどの見た目であるか、ということだと考えております。


例えば、こちらの画像をご覧ください。
もしも、何らかの理由で前歯の治療をしなければならなくなったとします。先ほどもお伝えしたように、患者様の歯の色もまた千差万別です。ただ単に美しいからと一番右の最も白い詰め物をつめたらどうでしょうか。きっと誰が見ても、 「他の人は、前歯の治療をしたのね」と分かってしまうと思います。

これはわかりやすく単に色だけでご説明しましたが、形やお口全体のバランスなどが悪いと「あれ?あの人は歯の治療をしたのかしら?」とすぐにわかってしまいます。

例えセラミック治療と一言で言っても、このような事が起きてしまっては、せっかくセラミック治療を行ったのにも関わらず、非常に残念なことだと考えております。

当院では、高いクオリティのセラミック治療を追求しているため、本当に自分自身の歯との違いがわからないレベルで治療を行う事が出来ております。


こちらの写真は当院でセラミック治療(前歯が1本ない方へのセラミックのブリッジ)を行った患者様の写真ですが、印がなければどこの歯を治療したのかわからないくらいの綺麗な仕上がりとなっております。
単に削って型を採って被せるというだけの治療というイメージを持たれておりますが、実は非常に複雑な工程なのです。

1本の歯でももちろんのこと、何本も治療をしてかぶせ物治療をしなければならなくなったり、ましてや見た目でわかりやすい前歯の治療となると、とても複雑な治療になっていきます。なぜならば、単に歯の色や形や歯並びだけでなく、歯肉とのバランスや、お口全体のバランスも考えていかなければ、真の意味での美しさを手に入れる事が出来ないと考えているからです。

一見すると白く見える美しい天然歯は、実は白以外にも様々な色(黄色、茶色、グレー、オレンジetc.)が絶秒なバランスの下、部位に含まれているのです。これを色相と言います。また、それだけではありません。色の明るさ(明度)、鮮やかさ(彩度)、さらに透明感などにも違いがあるのです。つまり単に白い歯というのではなく明るさや鮮やかさ、透明感なども絶妙なバランスで調和されている歯を、人は美しいと感じるのです。

当院では、セラミック治療を行う場合、下記のように1人1人の患者様に合わせて治療の計画を立てております。


  • 被せ物と歯との接合部をどこに設定するのか?
  • そのために歯肉にはどのような処置をするのか?
  • どのような器具で削るのか?
  • 隣の歯との位置関係は適正なのか?
  • 笑った時の唇との位置関係はどうなのか?
  • 顔とのバランスはどうなのか?
  • そのために仮歯(プロビジョナルレストレーション)をどのように作り、修正するのか?
  • 最終的な型はどのような方法で、どんな材料を使って採得するのか?

歯科の世界では、ゴールデンプロポーション、スマイルデザインというコンセプトがあります。

Golden proportion 万人が美しいと感じるゴールデンプロポーション

人が「美しい」と感じる歯の大きさや形は個人差があります。美に対する判断基準は十人十色です。しかしながら、大多数の人が美しいと感じる視覚的な比率には、一定の法則があるのです。ゴールデンプロポーションもまた一つであり、人の顔の理想的なバランスと言われております。一般的には、正面から見た歯の幅比率が、中切歯1

.68、側切歯1、犬歯0.68という基準であり、治療をする上での客観的基準であり、万人が見ても美しいと感じる「黄金比」と言われております。

 当院のセラミック治療では、この最も美しく、かつバランスの取れた黄金比を取り入れ、誰が見ても美しいと感じる理想的な口元を作り上げる事を追求しております。

 当院では、細かいステップや治療の方法にこだわり、患者様により素晴らしい笑顔のある人生を送っていただきたいという想いから、今でも国内外で自己研鑽を行っております。

ACCESS