CARIES虫歯とは?

なるべく削らずに、最小限の治療を

むし歯は、口の中にいる無数の細菌が、食べかすなどから酸をつくり、その酸が歯を溶かすことで起きる歯の病気です。

歯の表面のエナメル質を溶かすにはある程度の時間が必要ですが、その下の象牙質に達すると、いきなり浸食の速度を速め、あっという間に広がってしまうので、早期の治療が大切であることは言うまでもありません。

初期の段階までなら、従来の治療法でもきちんとなおせるのですが、それよりも進行してしまうと、従来法では完治は難しくなります。そうなると、一度なおしてからそれほど年月が経っていないのにむし歯が再発することもあるんですね。


Symptoms and treatment虫歯の進行段階と治療方法について

虫歯は通常、程度によってC0~C4の段階に分類されます。

C0 脱灰

自覚症状はなく、痛みもありません。 この段階の虫歯は適切なブラッシングと予防処置により、再石灰化して治ります。

C1 歯の表面(エナメル質)の虫歯

痛みはありませんが、放っておくと虫歯が悪化してしまう状態です。 この段階の虫歯はエナメル質を削り、CR(コンポジットレジン)というプラスチックを詰めて治します。

C2 歯の中(象牙質)の虫歯

冷たいものや甘いものを口にしたときに、しみたり、痛んだりする段階です。 治療としては虫歯の部分を削り、 詰め物(インレー)で保護します。

C3 神経まで進行した虫歯

この段階の虫歯は激しい痛みを伴います。 そのため、神経を取る治療が必要となります。神経治療のあと、被せ物(クラウン)を装着する方法が一般的です。

C4 歯の根まで進行した虫歯

歯の根まで虫歯が進行すると、化膿して膿がたまったりします。 最悪の場合、抜歯が必要となります。抜歯後の選択肢としては入れ歯、ブリッジ、インプラントなどがあります。


Did you know?虫歯は感染症ということをご存知ですか?

ご存知でしょうか? 実は、虫歯は人から人へと感染するのです。

例えば、生まれたばかりの赤ちゃんのお口の中には虫歯菌は存在しません。

しかし、普段の生活の中で行う些細な行動(口移しや飲み回し、キスなど)から虫歯菌は子どもに感染していくのです。

そのため、親御さんに虫歯のある場合はお子様の虫歯の発症率は高くなりますが、その逆で、お母さんが歯科医院で予防管理をしっかりと行っているとお子様の虫歯感染率を30%近くも抑えることができたというデータもあります。

つまり、私たちのお口の中を清潔に保つことで人から人への感染を抑えていくことができるのです。


Dental checkup当院の虫歯治療後のメンテナンスについて

残念ながら、虫歯は治療を終えた後も再発することがあります。そのため、治療後は特にお口の健康管理を継続して行いましょう。

当院では、治療した歯や歯茎の状態の検査やメンテナンス、またお口全体のクリーニング(PMTC)を提供することで患者様の理想的な口内環境を作るお手伝いをしています。

また、歯科医院での定期検診だけでなく、患者様ご自身による自宅でのケア(セルフケア)も大切です。

歯科医院とご自宅での日々の予防管理を通して、常にお口の中を清潔に保つ意識を身につけましょう。

ACCESS