インプラント

ブログ
24時間かんたん予約
  • むし歯治療
  • むし歯・歯周病・予防
  • 審美歯科
  • 矯正歯科
  • 歯周病治療
  • ホワイトニング
  • インプラント
無料相談窓口
虎ノ門歯周病インプラントセンター
採用情報
患者様の声
お支払い方法
医療費控除について
twitter/歯は宝石よりも美しい
デンタルコンセプト21
SJCD(Society of Japan Clinical Dentistry)

インプラント治療 4つの安心

当院では、安心・安全をモットーに、4つの安心をお約束いたします。

外科処置への安心 インプラント身体への影響の安心 どのくらい持つか(耐久性)への安心 インプラント治療が受けられるかへの安心

1.外科処置への安心

治療時の痛みの安心

当院では、痛みや恐怖心を無くし、患者様に快適に手術を受けて頂けるように、必要に応じて麻酔専門医により静脈内鎮静を行っています。ですから、手術中の痛みや恐怖心は全く感じません。 静脈内鎮静による治療を受けられた皆さんは、気が付いた時には手術が終わっていたとおっしゃっています。

治療時のリスク(偶発症や合併症)の安心

ドリルで血管や神経、副鼻腔(上顎洞)を傷つけてしまう偶発症。


   ↓ ↓ ↓


当院では術前にCTを撮影し、インプラントの正確な埋入位置を把握するために、世界でもトップレベルの術前治療診断シミュレーションシステム SimPlant Pro を使い詳細な手術のシミュレーションを行うので、偶発症を防ぐ事が出来ます。


1000本以上のインプラント手術を行い、偶発症はゼロです。


■CT撮影
CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経の位置なども調べることが出来ます。 撮影時間はわずか30秒程で、撮影準備~終了まで数分で終了します。


■術前治療診断シミュレーションシステム  SimPlant Pro
CTで撮影した画像からは、あごの骨の形や硬さがわかるだけでなく、鼻の病気や神経の位置なども調べることが出来ます。

3D映像でインプラント埋入位置を詳細に決定します。

2.インプラントの体への影響(安全性)への安心

インプラントは「チタン」と呼ばれる金属でできています。

当院で使用しているインプラントはピュアチタン(チタン100%)で、軽くて錆びない金属です。医療の分野でも、足の骨が骨折した時に骨と骨を固定する際に使用するボルトに使用されています。「ピュアチタン」は、人体への影響やアレルギーのない「生体親和性」の優れた金属なのです。ですから、顎の骨の中に一生入っていても全く心配のない材料です。当院では、世界3大メーカーの、スウェーデンアストラ社、ノーベルバイオケア社のインプラントを使用しているので安心です。

3.どのくらいもつか(耐久性)への安心

インプラントの歴史は40年以上あります。

メーカー発表の生存率(何年で何本残ったか)は過去5~10年で上顎で、98,3%、下顎で、99,6%と高い数値で、安定した成績を残しております。
最近の学会での生存率は、10年~15年で約90~95%といわれています。

生存率は以下の事項に影響されます。
・禁煙
・お口の中の清掃状態が良い
・糖尿病などの合併症の状態が良くなっている、または安定している。
・指示されたナイトガードを使用している。
・指示された定期健診を受けている。
これらの事項をクリアしていれば、確実に耐久性は上 がります。

当院では1997年にインプラントを導入し、16年間に1000本以上のインプラントを埋入してきた結果、生存率は99%です。

4.インプラント治療が受けられるかへの安心

健康であれば、成人から高齢者まで年齢に制限はありません。


下記のようなケース
・血圧が高い。
・血液がサラサラになる薬を飲んでいる。
・糖尿病がある。
・心臓病がある。
・がんの治療を受けている。

等の場合は、主治医と綿密に連絡をとり、治療の可否を診断致します。また、必要に応じて、内科などの関連する医療機関を受診して頂き、診断致します。


その他
・重度の歯周病。
・歯ぎしり、くいしばりをよくしている。
・顎が痩せていてインプラントが無理だと他院で言われた。
・噛み合わせが不安定で、どこで噛んでよいか分からない。
・何年も入れ歯を使っているのでインプラントできないと考えていた。


以上のような場合でも、基本治療をしっかり行い、患者様に合わせた治療方法で行うことで、ほとんどの場合、インプラントが可能になります。

Copyright © Masai Dental Clinic All Rights Reserved. リンク集